首の治療

tel:049-267-4976 問い合わせ

頚(首)の痛み

頚(首)の痛みは事故などで首の頚椎を損傷した時の痛み(むち打ち等)と、慢性的な首の痛みがあります。慢性的な首の痛みの場合は同時に肩こりも多く見受けられます。

慢性的な首の痛みと肩こりについて

肩こりや首の痛みは現代ではもはや国民病とも言われています。その原因についても諸説ありますが、最も有力と言えるのが、首・肩の 筋肉の緊張です。 頭や腕を支える筋肉とその周辺の筋肉の持続的な緊張により筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こります。そうすると酸素や栄養分などが十分な量で届けらないという事だけでなく、疲労物質も蓄積するように なってしまい、これが悪い影響を及ぼし、肩・首こりが発症するという流れです。 肩こりも首こりも部位が違うだけで症状や原因にさほど違いはありません。

原因

人間の頭の重さは体重の10%といわれており、50kgの方だと5kgは頭の重さということです。そんな重い頭を細い首の骨と周囲の筋肉支えていることになります。猫背などの悪い姿勢をしていると、首の骨だけでは支えきれなくなり、首の後ろの筋肉や肩周辺の筋肉を使って支えることになり、必要以上に筋肉疲労が起こります。これにより、肩こりや首の痛みが発生してしまいます。パソコンや携帯の長時間の使用で目が酷使され、目の筋肉の緊張が続いて首こりの原因となる場合が多いです。 また、長時間同じ姿勢をし続けてしまうと筋肉が緊張し、血行不良になり、肩こり等になってしまうのです。
また骨盤や骨格の歪みも大きな原因の一つであり血行不良から肩こりを誘発します。長時間のパソコンやデスク作業は、ついつい楽な姿勢をとってしまい、その偏った姿勢により骨格や骨盤に歪みが生じるのです。首こりの方は頸椎部の骨に歪みがあり、矯正するだけで楽になる方も多いです。 他にも心的なストレスや顎関節なども首や肩周りの筋肉を緊張させる原因になります。
そのまま放置し首や肩周辺の筋肉が緊張し続けると、血流が悪くなることによって頭痛を引き起こしたり、カチコチに緊張した筋肉が原因で寝違いを起こしやすくなります。

治療の流れ

1)問診

肩こりの原因は仕事の業種から日常生活の癖、姿勢など個人差が非常に大きいです。
まずは本人の思い当たる原因をしっかり聞いていきます。

2)徒手検査法

首を動かしてもらったり、腕をあげたり、どこが悪いのかを見つけるための検査をしていきます。

3)手技治療

歪みを作っている筋肉の筋緊張をマッサージ・ストレッチなどで改善します。
痛みや歪みの原因は患者様それぞれ異なります。一人ひとりに適切な治療とストレッチを行います。

4)物理療法

低周波や超音波の電気をかけていき、血流を促進させていきます。

5)生活指導

生活の中で改善する方法(ストレッチ方法や生活習慣の指摘)などを指導します。

生活の中での予防方法

1)姿勢に注意

猫背や足を組んだりして悪い姿勢をとってしまっていませんか?良い姿勢を心がけ、たまにはストレッチなどをして筋肉の緊張をほぐしましょう。ショルダーバッグを持つときも、両肩均等に持つようにしましょう。

2)眼精疲労に注意

眼鏡・コンタクトはきちんと度の合ったものを使用しましょう。見えにくいと目を必要以上に疲れさせてしまいます。
長時間のデスクワークも目に負担をかけ肩も緊張してしまいます。適度に休憩をしたり、目を休ませてあげましょう。

3)ストレスをためない

精神的な緊張も筋肉を緊張させる原因となります。たまにはリラックスする時間を用意しましょう。

4)血流を良くする心がけ

冷え性・運動不足・身体を締め付ける衣服の着用・歯の噛み合わせも原因となります。体の血行を良くするような生活を心がけましょう。

ひかり鍼灸整骨院での治療について

ひかり鍼灸整骨院では、骨盤を整えて背骨の歪みをとり、首や肩周りの筋肉の緊張をほぐし、痛みをやわらげ取り除いていきます。
マッサージなどで血流を促せば、溜まっていた疲労物質が流れて楽になります。
そして、状態の良くなった体を維持できるように、生活の中でできるストレッチや対策を指導させていただきます。
さらに、鍼や灸を使って、肩こりの原因となる経穴(ツボ)をピンポイントで刺激し、血行不良を改善させ、痛みを軽減させていきます。
首、肩の痛みをそのままにしておくと、もっと状態は悪化し日常生活にも影響を及ばすかもしれません。
まずはふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院までご相談下さい。