腰痛治療

tel:049-267-4976 問い合わせ

ひかり鍼灸整骨院の腰痛治療

腰には、腰椎、仙骨、尾骨、左右の寛骨(寛骨は腸骨、恥骨、坐骨の三つを合わせたもの)といった複数の骨があります。その中の骨がひとつでも歪んでしまうと、他の骨に負担をかけることになります。
腰椎や仙骨の負担を柔らげてくれるのが靭帯や筋肉です。しかし、疲れがたまって筋肉が硬まり、負担を逃がすことができなくなれば、靭帯、筋肉、骨、椎間板が傷つき、炎症を起こし腰痛が発生してしまいます。大きく傷がつけばぎっくり腰になります。

腰痛はなぜ起こるのか?

腰痛の人の腰をさわると、筋肉の硬さがはっきりと分かるくらい硬くなっています。筋肉が硬くなるには3つの理由があります。1つ目は筋肉の使い過ぎ、2つ目は筋肉の使わな過ぎ、3つ目は骨格の歪みによってです。ほとんどの方は、筋肉に負担をかけ過ぎ使い過ぎている場合が多いのです。

腰痛は、日常生活や寝方における不良姿勢により、体幹の筋肉や骨盤などのバランスが不良になり腰部の筋肉・関節・神経などの働きを粗悪させ、痛みを発生させます。
痛みの発生当初は、腰部の疲労感や違和感から始まり、一時的な休憩で痛みが軽減してしまう事から、治療を先延ばしにしまう事が大半で腰痛の症状が慢性化してしまうことがあります。

しかし、この硬い身体の状態で生活していると、クシャミや前かがみになっただけなどのふとした事で急激な痛みが走り、腰部の炎症が急にひどくなるぎっくり腰になる可能性も高まります。更には、腰部だけに留まらず脚全体の痛み・痺れをともなう坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニアなど腰痛の域を超えた症状を発症してしまうこともあります。

ひかり鍼灸整骨院の腰痛の治療法

レントゲンなどで脊椎に問題が無ければ、筋肉の硬さが腰痛の原因と考えられますのでこの筋肉を柔らかくし腰痛の原因をとる治療をします。主に電気の治療とマッサージを行ってほぐしていきます。 使い過ぎると筋肉が硬くなるのならば、硬くなっても痛みの出ないレベルまで筋肉を柔らかくします。筋肉を柔らかくし、骨盤を整えることで血液の流れも良くなり、腰痛の改善につながります。
ストレッチ療法や、運動療法など指導させて頂き、最終的には腰痛を再発させない身体作りを目的として治療をしていきます。

腰痛の時期によって施術方法

1)急性期腰痛の場合

ぎっくり腰など急性的に痛めてしまった際は、炎症が強く熱を持っているのでアイシング処置や、電気療法(低周波、超音波治療器)や鍼灸施術を行い、強すぎる炎症を抑えたり、自然の治癒力を高める施術を行います。
ご自宅では、冷シップや氷のうなどでアイシングを行い、安静にしていてください。

2)慢性期腰痛の場合

体を支えている筋肉や関節への回復力を上げるように手技療法(マッサージ)、電気療法(低周波、超音波治療器)、鍼灸施術を行い自然治癒力を高める治療を行い、痛めない体づくりを目指します。
急性期を過ぎましたら動かなさすぎもよくありません。適度な運動や軽い筋トレ、ストレッチを行ったり、今度は冷やすのではなく湯船につかり体を温めたりして疲労をためないようにしましょう。

腰痛でお悩みの方は是非ふじみ野市上福岡ひかり鍼灸整骨院までお越しください。